本文へ移動

法人について

基本方針

会福祉法人 愛育会は、この基本理念のもとに地域をはじめ、関係機関との連携を図りながら、法人が実施する各種の福祉サービス事業を適切に推進し、利用者のみなさまの人としての尊厳を守り、より豊かな人生が実現できるように支援します。

一、愛育会は、障がいのある人も、障がいのない人も共に生きる社会を実現するために努めます。
 
一、愛育会は、障がいのある人一人ひとりが尊厳をもって、その人らしい充実した人生が送れるよう
 共に歩んでいきます。
 
一、愛育会は、これらの目標を達成するため、地域福祉の架け橋になります

令和4年度事業実施方針

1 基本理念に基づき,常に利用者の尊厳に配慮した良質かつ安心・安全なサービスの提供に努めます。
 
2 一人ひとりの人権を尊重し,誰もが心身ともに健やかに,楽しみを感じながら生活できるよう支援することに努めます。
 
3 地域社会との連携を進めるとともに,地域における公益的取り組みを通じて暮らしやすい社会づくりに取り組み,地域に愛され,
  地域とともに育つ施設・事業所を目指します。
 
4 中期計画や各部の事業計画ほか様々な計画に沿った事業運営を行うとともに,進行管理を適切に行い,計画の実現に努めます。
 
5 より一層,利用者にとって魅力のある施設・事業所となることを目指して,愛育会地域生活総合支援センターとなごみを
  統合するほか,吉野川育成園においては寮編成を見直すとともに,通所部門の時間延長など,利用者の状況や利便性の向上を
  目指した取り組みを進めます。
 
6 人材確保については,求める職員像に沿った確保ができるよう取り組みます。そのため、リニューアルしたホームページを活用し,
  法人の活動についてご理解をいただくための積極的な広報や魅力発信に努めます。
 
7 人材育成については,昨年作成のキャリアパスや人事考課表により職員に求める能力や姿勢を明確にした上で,スキルアップを
  図る機会の提供に努めるとともに,内容の評価・改善に努めます。併せて,吉野川育成園の標準支援マニュアルの作成を目指します。
 
8 苦情解決制度や利用者へのアンケート,第三者評価の結果を活用し,更なる福祉サービスと職員の資質の向上に努めます。
  また、効率的で働きやすい職場環境となるよう改善に努めます。
 
9 障害者虐待防止法の義務化を受けて必要な体制づくり、研修の実施を行います。
 
10 南海トラフ巨大地震や洪水等の防災対策,新型コロナウイルス感染症については,国や県の指導にそって引き続き緊張感をもって
  対応していきます。



法人の概要

■法人名社会福祉法人 愛育会
■理事長 楠 博孝
■事業所所在地
〒771-0219

徳島県板野郡松茂町笹木野字八北開拓236番地1
■認可年月日昭和35年5月30日
■認可番号第173号
■設立登記年月日昭和35年6月15日
■TEL088-699-2055
■FAX088-699-2079
TOPへ戻る