吉野川育成園

 

令和2年度運営方針

令和2年度運営方針
 
1 法人基本理念に基づき、常に利用者の尊厳に配慮した良質かつ、安心・安全なサービスの提供に努めます。
(1)利用者個々のニーズ、障がい特性を的確に把握したうえで、多様なプログラムを設定し、日中活動にて潤いのある生活や働く喜びを持ち、充実した日々が送れるように努めます。
(2)利用者の高齢化や行動障がい等の支援について専門的な検討を重ね、より良い支援に努めます。
(3)日常生活上の個人のリスクの把握・軽減に努めるとともに、医療との連携を密にして感染予防等の健康管理、特に新型コロナウイルス感染症については、国や県の通知、感染症マニュアル等に添って予防の徹底を図ります。
(4)理学療法士や外部講師の指導を基に、楽しみながら体を動かし、身体機能の維持に努めます。
(5)保護者・後見人等との連携を深めます。
 
2 利用者の人権尊重と虐待防止・権利擁護に努め、心身ともに健やかにその人らしい充実した楽しい人生が送れるようにします。
(1)権利擁護・サービス評価委員会において、利用者・保護者・後見人からの相談・苦情を受け付け、早期問題解決に努めるとともに、利用者の意思を尊重し、生き甲斐のある生活の実現に努めます。
(2) 職員一人ひとりが人権への意識を高め、施設全体で虐待防止・権利擁護に取り組みます。
(3)利用者の個々の状況に応じた合理的配慮を行い、主体的な生活ができるよう意思決定支援に努めます。
 
3 地域の資源も活用し、日中活動の充実を図りつつ、地域社会との連携を進めます。また、様々な地域ニーズに応え、公益的な取り組みを通し、地域貢献が果たせるように努めます。
(1)地域資源を活用した日中活動や地域行事に参加し交流を深め、利用者一人ひとりが地域の一員であることが実感できるよう努めます。
(2) 地域の中での施設の役割を理解し、地域ニーズの把握に努め、社会や地域の方々から理解と信頼を得られるよう、積極的に情報を発信します。
 
4 中期計画に沿った事業運営を行い、目標達成に努めると共に、今後の課題を抽出し、令和3年度からの中期計画を策定します。また事業運営や大規模な修繕に向け、長期的な目標設定を検討します。
 
5 求める職員像に沿った人材確保ができるよう、リクルート委員会を中心にSNSを活用したPRや魅力を発信し、取り組みを強化します。また、ボランティアや実習生の受け入れを積極的に行い、人材確保に繋げていきます。
  人材育成については、自らの水準を上げられるよう積極的に研修等に参加し、自己研鑽します。また、知識・技術向上に向け、お互いを高めあえるように努めます。
 
6 適正な施設運営のもと、改善すべきところを改善し、サービスの質の向上を目指します。
(1)アンケート結果や、常々の苦情や意見を真摯に受け止め、良質なサービスの提供ができるよう全職員で取り組みます。
(2)積極的な情報開示や施設の透明性を図り、社会的な信頼を得られるように努めます。
 
7 南海トラフ巨大地震や洪水等、防災対策の充実や関係機関との連携を図り、利用者の安全に努めると共に、津波避難ビルの活用等、地域住民の安全確保に協力し、大規模災害に対する備えを進めます。
(1)県及び市町村等関係機関、また大規模災害時相互応援協定締結施設、地域防災支援協力会等との連携により、地震・津波・洪水・火災等の避難訓練の実施や防災対策を進めます。
(2)福祉避難所の開設訓練の結果を踏まえた上で、見直し・検討を行い、地域住民の安全に協力します。
 
 8 ハラスメント防止やメンタルヘルス対策を行い、支援の質・職員の質・働きやすさを含め、やりがいを感じられるトップクラスの魅力的な職場づくりを行います。また法令遵守(コンプライアンス)に関して、職員一人ひとりが正しい知識を持ち、一層の徹底を図ります。
 
 9 創立60周年(S35.5.30認可)に当たり、記念誌を発行するとともに法人の理念・コンセプトをわかりやすく周知できるようロゴマークを募集、選定します。    
 

令和2年度支援方針

令和2年度支援方針
 
 個人の尊厳に配慮しながら、健康管理に留意し安心・安全な生活が送れるようにします。
 
 利用者一人ひとりに応じた合理的配慮等行い意思決定支援を進め、自己選択・自己決定を尊重しながら、障がい特性やニーズに応じた個別支援計画を作成し、主体的で楽しみのある豊かな生活を目指します。
 
 寮の利用者支援においては、ユニットケア方式を基本として、それぞれの寮独自の事業計画による積極的な支援を展開して行きます。
 
 日中活動においては障がい特性のみならず、アセスメントにより個々に応じたストレングスを活かした活動内容を提供し、楽しみながら充実した生活を過ごせるようにします。
 
◎高齢者支援
利用者一人ひとりの心身の状態を把握して、医師や看護師、理学療法士と連携を図り、必要な治療やリハビリが受けられるようにし、疾病等の適切な対応、残存機能の維持に努めます。また、施設内外での季節を感じるレクリエーションや適度な運動等を楽しみ、安全で生きがいのある生活を目指します。
 
◎重度・自閉スペクトラム症支援
利用者一人ひとりの特性や、ストレングスを活かしたプログラム(支援計画シート、手順書等)を作成します。また様々な情報を分かりやすく提供し、利用者の意向に基づく余暇や外出、レクリエーション等の活動を行います。軽運動や課題、スヌーズレン、動物との触れ合い等で情緒安定を図り、日中活動の充実に努めます。また、精神科医師や臨床心理士と連携を図りながら、環境整備を行い、心地良い穏やかな生活が送れるようにします。
 
◎中・重度者支援
様々な活動を通して、生活の充実を図るとともに、一人ひとりに応じた運動を取り入れ、機能低下予防や体力維持に努めます。また、地域交流や体験を通して地域の中で経験を積み、エンパワメントの理念に基づいた主体的で豊かな生活を目指します。 
 
◎作業支援
各作業を通して、自分の役割・達成感を感じ、働く喜びを持てるようにします。         
 

施設概要

施設概要
  ■名称 社会福祉法人 愛育会 吉野川育成園
  ■施設種別 指定障害者支援施設
  ■設置主体

■経営主体
社会福祉法人 愛育会
  ■所在地 〒771-0219

徳島県板野郡松茂町笹木野字八北開拓236番地1
  ■代表者 施設長 井上 佳子
  ■電話番号 088-699-2055
  ■FAX番号 088-699-2079
  ■設立年月日 昭和35年5月30日
  ■事業開始年月日 昭和35年7月16日
  ■定員 ・施設入所支援:   150名

・生活介護:   160名

・短期入所・日中一時: 4名
  ■敷地面積 7,856.74 m2
  ■建物面積 6,699.60m2
  ■構造 鉄筋コンクリート3階建て

全個室 160室
  ■設備 ・冷暖房

・床暖房

・エレベーター

・太陽光発電

・太陽熱

・雨水再利用 など
 
  【 防災型地域交流スペース・津波避難ビル 】

災害時、被災した在宅の障がい者や地域の方を受け入れるための設備を整備するとともに、防災型地域交流スペースについては、平時に交流会や研修会など、さまざまな活動に利用できます。
  *メ−ルアドレス yoshiiku@tokushima-aiikukai.jp
 

交通アクセス

交通アクセス
 
徳島県板野郡松茂町笹木野字八北開拓236番地1
 

吉野川育成園へのお問い合わせ

吉野川育成園へのお問い合わせ
 
フォーム
お名前
 
※例:山田太郎
 
フリガナ
 
※例:ヤマダ タロウ
 
郵便番号
 
※例:123-4567
 
都道府県
 
※左のメニューから都道府県を選択してください
 
住所(1)
 
※市区町村・番地
 
住所(2)
 
※建物名等
 
電話番号
 
※例:012-345-6789
 
ファックス番号
 
※例:012-345-6789
 
メールアドレス
 

※半角英数字で入力
 
お問い合わせ内容
 
 

社会福祉法人 愛育会
法人本部

〒771-0219
徳島県板野郡松茂町笹木野字八北開拓236番地1
088-699-2055
088-699-2079
 

055763
<<社会福祉法人 愛育会>> 〒771-0219 徳島県板野郡松茂町笹木野字八北開拓236番地1 TEL:088-699-2055 FAX:088-699-2079