採用Q&A

 
 

採用Q&A こんなこと聞かれました

採用Q&A こんなこと聞かれました
 
※平成30年9月現在の内容です。制度や規程の見直しにより,内容が変わる可能性はあります。
 
①実際のところ,給与はいくらくらいですか?
 社会福祉士や介護福祉士等の資格をもたず,前歴のない方の場合の基本給が170,900円,これに賞与4.5か月分と期末一時金を加え,正規採用後,1年目の年収(通勤手当,夜勤手当,住居手当,扶養手当などの各種手当ては除く)は 315万円程度です。
 職員からは、愛育会を選んだ理由の一つとして「初任給」や「給与面がしっかりしている」との意見があります。
 
②手当にはどのようなものがありますか?
 主なものとして,管理職手当,役職手当,扶養手当,通勤手当,住居手当,夜勤手当,期末手当,勤勉手当,期末一時金等があります。
 
③以前に施設に勤めていたことがありますが,前歴はみてもらえるのですか?
 他施設での勤務経験があり、新たに愛育会の職員となった方の給与は,職種や事業内容,愛育会の業務との類似性を勘案した経験年数換算表により換算した経験年数を加算して決定しています。
 ですから,愛育会と同様に知的障がい者の入所支援や相談支援,就労支援事業所で勤務した経験年数については10割みていますし、介護施設等についても一定の割合で経験年数を反映します。
 
④他施設からの転職者は多いのですか?
 平成25年4月から平成30年4月までの間に採用された27名の職員のうち,大学新卒者は9名で,残る18名=2/3は他の知的障がい者施設や介護施設等の勤務経験がある職員です。
 
⑤福祉分野の離職率は高いと聞きますが,愛育会はどうですか?
 一般的に福祉職の離職率は高い印象がありますが,厚生労働省が発表している「雇用動向調査(平成27年)」によれば,医療・福祉関連の離職率は14.7%で,全産業平均の15%に比べ,それほど高い数値ではありません。また,公益財団法人介護労働安定センターが介護事業所に対して実施している「介護労働実態調査(平成27年)」でも全産業平均と大きな違いはなく,特に高いわけではないのですが,1年以内といった短期間での離職が多いようです。
 一方,愛育会では,平成25年度以降5年間の採用者22名のうち,1年以内での離職者は1名のみです。また,平成25年度以降,定年や結婚以外の理由で退職した職員は3名で,うち1名はその後復職しています。

⑥休暇は取りやすいのですか?
 平成29年度における正規職員の平均有給休暇取得日数は10.8日で,厚生労働省の「平成29年就労条件総合調査」における全産業平均の9.0日,医療・福祉の平均8.8日を上回る取得日数となっています。
 職員からは,「お互い様」だからとすぐに承認してくれる取得を申し出しやすい雰囲気があることや,時間単位での休暇取得ができるので,学校や子供の急な病気でも取りやすく子育てしやすいとの声が寄せられています。
なお,平成30年の年間休日数は,各部とも123日です。

⑦勤務時間はどうなってますか?早出・遅出・夜勤は多いのですか。
 吉野川育成園(入所支援部)の勤務時間は,通常勤務が8:30~17:15で,遅出勤務は12:15~21:00まで,早出勤務は6:15~15:00,夜勤は16:00~翌日10:00となっています。このうち遅出・早出勤務は主としてパート職員が対応しています。夜勤は正規職員を中心に8人でローテーションを組んでいるため,一人あたり月に4回程度です。
 愛育会地域生活総合支援センター(地域生活支援部)の勤務時間は9:30~18:30で,一人あたり月に1回程度,18:00~翌日10:00までの宿直があります。
 また,なごみ(就労支援部)では9:00~17:45の通常勤務のほか,一人あたり月に7~8回程度,7:00~15:45又は8:00~16:45の早出勤務がありますが、夜勤や宿直はありません。
 最後に,総務部ですが,8:30~17:15の勤務となります。原則として夜勤等はありません。
 
⑧職員はどんな資格をもっているのですか?
 愛育会では,多様な事業を行っているため,職員は,資格を取得するための支援制度を活用し,業務上必要な様々な資格を取得しています。
 正規職員87名のうち社会福祉士,精神保健福祉士,介護福祉士のいわゆる三福祉士のいずれか又は複数の資格を取得している職員が44名と過半数を超えています。このほかケアマネージャーや衛生管理者,クリーニング師,危険物取扱者等取得している資格は多岐にわたっています。

⑨資格を取ってキャリアアップしたいのですが,支援制度はありますか?
 現在の資格取得支援制度は,各部長が認める資格について1資格1回を限度とし,スクーリング費用や教材費,受験料等について上限額を定め補助しています。また,スクーリングや試験の際には職務専念義務を免除することとしています。この制度を活用し多くの職員がスキルアップを図っています。
 
⑩障がい者支援や介護の経験がなくても大丈夫ですか?
 大学の福祉関係学科等を卒業したり,障がい者施設や介護現場等の経験のある職員が多いわけですが,工学や経済系の学部・学科出身の方,高卒の方等様々な経歴の職員が働いています。その中には,ご質問のように障がい者支援や介護の経験がない方も少なからずいます。
 業務上、必要なことは,先輩職員が丁寧に指導しますし,研修等の機会も十分あります。また,資格取得支援制度もありますのでご安心ください。
 重要なのは,一人ひとり異なる障害のある方を理解しようと継続的に努力できることであり,その利用者の生活を豊かにするためにどう支援すべきかを常に考え,絶えず研鑽を重ねる姿勢であると思います。
 
⑪事業所がいくつかありますが,異動はありますか?
 各事業所内での異動のほか,事業所間での異動もあります。異動は職員のスキルアップや能力を引き出す上で必要と考えますし,ミスマッチの解消,マンネリ化防止等の意味もあります。職員からも様々な経験ができる,多様な事業にチャレンジできると肯定的な意見もあります。
 異動にあたっては,自己申告書やヒアリングを通じて示された本人の希望も参考にしつつ実施しています。
 
⑫施設見学はできますか?
 平日であれば,吉野川育成園,なごみ,総務部の見学は可能ですが,愛育会地域生活総合支援センターは相談業務等での出張が多いため難しい場合が多いと思います。休日を含め施設見学等のご希望がありましたら,総務部(℡088-699-2055)までご相談ください。

社会福祉法人 愛育会
吉野川育成園

〒771-0219
徳島県板野郡松茂町笹木野字八北開拓236番地1
088-699-2055
088-699-2079
 

035048
<<社会福祉法人 愛育会>> 〒771-0219 徳島県板野郡松茂町笹木野字八北開拓236番地1 TEL:088-699-2055 FAX:088-699-2079